2016年7月20日水曜日

[ハーモニック]トレード手法 RCIと組み合わせてタイミングを計る(研究中です)

ハーモニックパターンインジケータを作成はしましたが、私自身もこのインジケータはまだ研究中です。あれこれ触って、何が良いのかを考えています。

ハーモニックパターンは過去チャート形状から反転位置を予想しています。
では、実際に反転し始めるタイミングでポジションをとるにはどのようにした方が良いのでしょうか?

ハーモニックの教科書的には Potential Reversal Zone(PRZ)の範囲でプライスアクションをみて判断となります。
私のインジケータでも簡易的にPRZととしてDC0.127を表示していますが、形状によって、ころころ変わります。ハーモニックがフィボナッチ視点からのインジケータですから、同じ視線ではなくて違う視線のインジケータで、もうちょっと統計的観点から見れて、これ!ってはっきりと明示できる組み合わせはないでしょうか?

ということで、反転タイミングをつかむというので、まず思い出すのはRCIです。

RCIはスピアマンの順位相関係数をもとに、順位の相関ズレを測定するテクニカル指標です。相関とかいい言葉ですね!!!大好きです。

ということで、ハーモニック+RCIを見てみましょう。

EURUSD H1における、ハーモニックパターン+RCIです。
RCIは自作インジケータを使っています。公開しているものは線しか出しませんが、トレード位置サインがわかるようにチャート上に矢印を出すように改造しています。矢印を出すタイミングを複数選択可能にしています。変化率分散バンドの特典で配布したものです。

■ここ最近のEURUSD H1 ハーモニック+RCI



さらーとみると、ハーモニックパターン+RCIで大体7回トレードがあって、5勝2敗ぐらいになります。EURUSDは現在、ハーモニックそのものが結構ヒットしてしまっている状況ですので、もうちょっと別の場所も見てみます。

■下げ局面で連続してハーモニック検出

下げ局面でハーモニックが連続して出現した箇所です。
うちRCIの買いと同時に発生したのは、2回で、ストップ位置をどこに置くかにもよりますが、1勝1敗ぐらいの成績となります。
下げ局面のハーモニックだけで見てしまうと、1勝4敗ですから、5割には持っていけましたね。

二つのRCIクロスでもサインを出していますが、これを閾値越えのみに限定するとより強力にフィルタリングされます。

■下げ局面で連続してハーモニック検出(上の少し先の時間、RCIを閾値越えのみ)

この場合、次の上げ下げ局面でのハーモニック連続検出も含めて勝率100%となりました。
(チャートの画像は、少しだけ右にずらしてあります)

初動が遅くなる傾向があるため、イベントタイミングなどでの一瞬の反発を狙うには向いていませんが、流れの変化をつかむのにRCIはかなり有効です。

最近、忙しくてあまりトレードできていませんが、現在は、ハーモニック+RCIを基本にチャートを眺めています。

本格的に有用と思ったら、ハーモニックパターンのインジにRCIでの売買サイン機能を取り込むかもしれませんが、ハーモニックそのものをご自身で研究されてトレードするという方が多いのでいらない機能かもしれませんね^^;;

やはり、ハーモニックパターンインジケータとしては、シンプルな機能にとどめておくべきというご意見をいただきましたので取り込む方向はなしで~。ブログネタとして提示レベルにとどめておきます。

ハーモニックパターンを自動検出するインジケータ
ハーモニックパターン検出インジケータ

(追伸)
・・・・・明日あげようと思っていた記事が、操作ミスでアップされてしまっていました・・。
明日(7/21)はブログお休みです^^;;


「MT4でFXを勝ち抜く研究をするブログ」で公開している無料インジケータは、こちらの一覧から。
インジケータ一覧

Twitterもよろしくお願いします。
https://twitter.com/mt4program

ブログランキングにご協力よろしくお願いします。m(._.)m
にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ
にほんブログ村

お約束ですが、本ブログは、投資に対する利益を約束する物ではありません。最終的には自己責任によるご判断よろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿